虹の水晶

パワーストーンブレスレット・・・その輝きはあなたそのもの。あなたにとって必要なもの。
  [ 石と約束をする ]
2010-10-14(Thu) 23:40:52
この間、ネットで注文していた“ほぼ日手帳”が届いた。
その箱に、こんな言葉が書いてあった。



約束はしたほうがいい。
赤ん坊とでも犬とでも、じぶんとでもいい。
しっかりと約束をしておいたら、
それを守ろうとしている間に、
手先が器用になったり、足が丈夫になったり、
目が良くなったり、頭がよくはたらいたりしてくる。
そうだ。あんたは約束を守れる人間になるんだ。

『セフティ・マッチ氏の焚火話』より





石には物事を記憶する力があると言う。
だから、願い事を“プログラミング”すると、それを覚えていてくれて、目的達成までサポートをしてくれる。
それが巷で“パワーストーン”と言われる所以なんですが。
忘れてはイケナイのは、石が主役では無いという事。
どんなに大枚はたいて“パワーストーンブレスレット”を買っても、石に頼りきりじゃぁ、石も困ってしまうと思います。
やっぱり“願いを叶えよう!”という、持ち主の思いが主役なんですね。
その事を前述の言葉は、よく表しているなぁ。と、思ったのでした。



スポンサーサイト
心と言葉。虹猫の本棚 | TB:× | CM : 0
  [ 目から鱗 ]
2010-09-07(Tue) 09:10:18
本を読む時、最近は何冊か並行しているから読み進まない事甚だしいのだけど、最近、読んでいるのは『ペンギンと暮らす/小川糸/幻冬舎文庫』
映画化もされた『食堂かたつむり』の作者のエッセイです。
本屋で立ち読みした冒頭、「東京でペンギンと暮らすのは無理だから、同居人の夫をペンギンと思うことにした」をいたく気に入って購入しました。
うん、私もペンギン(それからグリーンイグアナ/笑)は、一緒に暮らしてみたいです。

そんな動機で読み始めた本ですが、中身は夫ペンギンの観察日記ではなく(当たり前)さり気無く綴られた日常に、時折ハッとさせられています。
今日は「“ふつう”というのは、つまり“自然”ということ」という一文にやられてしまいました。

『普通=自然』
そんな風に考えた事、無かった。
私にとって普通って、皆と同じ、目立た無い事を意味してた。
どこかに属する安心感。
そういうものの中で生きてきた。
そして、そういう中で生きている自分が、生き難いなんて思った事なかった。
もっとも、大人になってから「自分で生活する環境を選べるから、大人って良いなぁ」と思うって事は、生き難さを感じていた。という事になるのかもしれないけど。

ところで息子TKは、ちょっと変わっていると思う。
以前に比べれば少なくなったけど、友達とのトラブルも多い。
何か事が起きる度に「何で普通に出来ないの!!」「皆と同じ様にやってよ!」って、私の説教のド定番だった。
TKを傷付けているのは解っていても、「皆と同じに出来なきゃ・・・目立たない様にしなきゃ、困るのはアンタだよ」って、思ってた。
実は、ここが大きな間違いで、困ってるのはこの場合、TKよりも私自身なんだよね(^^;;)
そしてTKは、「お母さんを困らせてしまっている事に困っている」訳だ。悪循環。
でも、止められなかった。
だって私の中では「学生時代は目立たない事が1番の幸せ」って、刷り込まれていたから。

『普通=皆と同じ』じゃなくて、『普通=自然』て考えてみる。
息子TKが、自然でいられる状態。
あるいは、息子TKが自然でいる事を受け入れられる私。
そんな所を意識して、TKと生活出来るといいな。



心と言葉。虹猫の本棚 | TB:× | CM : 4

copyright © 2017 虹の水晶. All Rights Reserved.
  まとめ
Item + Template by odaikomachi